スポンサードリンク

2009年06月13日

コンドロイチン

コンドロイチンのサプリメントについて

最近、本当にコンドロイチンのサプリメントのCMが増えましたねー。

テレビCMしかり、雑誌や新聞でもよくコンドロイチンの文字を見かけます。

ひざ間接補強を強調してるものも多いですが、

美容に関するものも、とっても魅力的な商品が出てきてますねー。

コンドロイチンにヒアルロン酸を多くふくんだもの。

コンドロイチンにさらに相乗効果を増す成分が

どんどん足されて、より効果的と思われるサプリメントが

次々と登場しているようです。

コンドロイチンで若々しい、骨と肌保ちたいですねー。

2009年03月23日

コンドロイチンのサプリ、らくらくDHC

コンドロイチンのサプリメントのCMが
最近またまた増えてますねー。

日本はどんどん高齢化してますから、
足腰の動きをスムーズにする、
コンドロイチンが必要とされてるのかなー。
なるほどって感じですねー。

コンドロイチンのサプリ商品の内容もどんどんよくなってくれるといいんですけどねー。

とりあえず、初回限定や期間限定で
低価格のキャンペーンをしてるところも追いようですね。

DHCのコンドロイチン、グルコサミンのサプリメントを
ちょっと調べてみました。

「らくらく」っていう商品ですが、
DHC総合サプリ部門で上半期売上1位だったようです。

主要成分は、
なめらか成分コンドロイチンと
軟骨成分グルコサミン
負担軽減成分MSM
弾力を保つコラーゲン
負担予防成分ヒドロキシロソール

をバランスよく含んでいます。

そのほかビール光酵母やオリーブエキスなども
含まれています。

値段は1ヶ月分で1800円なので、
比較的お手ごろです。

たとえば、日常生活で50kgの体重の人は
その7倍くらいの350kgの負担がかかるそうですから、
軟骨に相当の負担がかかっているようです。

コンドロイチンのサプリで
少しでも負担を軽減できたらいいですね。

2008年11月17日

ファンケルのコンドロイチン・グルコサミン

コンドロイチングルコサミンを配合したサプリメントの
CMが、最近また多くなってきた気がします。

少子高齢化社会になってきて、
需要が多くなたてきているという
ことでしょうか。。。


FANCLファンケルコンドロイチングルコサミンが入った
サプリメントを調べてみました。

すでに約24万人が愛用しているということで、
さすがファンケルのネームバリューといったところでしょうか。

特に50歳以上を対象にすると、
ファンケルのほかの商品もあわせて1位の売り上げに
なっているようです。


ファンケルの「グルコサミンほがらか」
内容成分は

コンドロイチン硫酸120mg(さけ由来)
不足しがちな軟骨成分を補います。

●グルコサミン1200mg(えび、かに由来)
新しい軟骨成分を補います。

●キャッツクローエキス60mg(植物由来)
なめらかな動きに役立つ働きをします

●U型コラーゲン500ug(鶏由来)
クッションの役目をします

1日の目安4から6粒で
6粒あたりムコ多糖たんぱく300mgがとれます。
コンドロイチン硫酸40%です)

商品代金は1か月分で2625円です。(30日から45日分)

食事で補うのは難しいといわれるコンドロイチン・グルコサミン
の成分はサプリメントで積極的に摂っていったほうが
よさそうです。



★ファンケルのサプリメントを探す★



2008年09月24日

コンドロイチンと植物性のグルコサミン

コンドロイチンとグルコサミンって似ているの?
動物性と植物性の違い、など


<グルコサミン・コンドロイチンのサプリメント>

グルコサミンコンドロイチンを同時に摂取することが
関節痛などに効果的といわれますが、

グルコサミンの原料はカニやえびなどの甲殻類が
多いために、甲殻類にアレルギーがある方は
摂取することができませんでしたが、
最近は植物性のグルコサミンのサプリメントが
販売されています。


<植物性のグルコサミン>

植物性グルコサミンは植物のデンプンを原料にした発酵法によって製造されています。

甲殻類アレルギーの方やベジタリアンの方も摂取することができます。

海の生物や甲殻類の養殖に伴う不純物や環境汚染なども避けられます。



また、コンドロイチンやMSMを一緒に配合した製品も多いです。
別々にとるより、便利ですのでおススメです。


MSM(メチルスルホニルメタン)は樹皮から得られた原料を酸化させています。

このプロセスは大気中の硫黄化合物が自然に酸化してMSMになる過程と同じで、自然に存在するものと化学的に同じMSMがつくられます。


最近CMでよくみかける健康家族のグルコサミンのサプリメントを
調べてみました。

植物性グルコサミンとコンドロイチンとMSMが主に含まれています。
健康家族といえば、にんにく卵黄で有名ですが、
これも結構良かったので、会社としての信頼性はあるかなと思います。
コンドロイチンの含有量は少なめです。

<健康家族のグルコサミン・コンドロイチン成分>
■ 内容量/34.5g(329mg×105粒)
■ 原材料名/MSM(メチルスルフォニルメタン)、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン、デキストリン含有)、マルチトール、グァバ葉エキス末、ミルクカルシウム、グルコサミン、結晶セルロース、植物油脂、酵母細胞壁、ビタミンB1、グリセリン、ビタミンD、カルナウバロウ


エビ・カニなどの甲殻類がが苦手な方でも
安心して摂取できるように、植物由来(とうもろこし)のグルコサミンを使用しています。
健康家族の<植物生まれのグルコサミン>は、7粒に加齢と共に減少するグルコサミンを1,200mg、またMSM300mg、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン含有)200mgを配合しています。


エビ・カニのアレルギーの心配もなく、臭いも優しい、トウモロコシ由来のブドウ糖を原料に発酵生産された植物性グルコサミンです。

中高年の方、スポーツをされる方をはじめ、階段や立つ・座る等の気になる毎日のお悩みをサポートします。

コンドロイチンが少なめなので、気になる方は
コンドロイチン単体のサプリメントを別に摂取すると
いいですね。^^




posted by biyoukondo at 15:32| Comment(0) | コンドロイチンとグルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

グルコサミンの効果・効能

<コンドロイチンと相性の良いサプリメント>

コンドロイチンと相性の良い組み合わせとして、
グルコサミンがあげられます。

いろいろな健康食品会社で、
コンドロイチングルコサミンを同時に摂取できるように
配合している会社が多いですね。

<グルコサミンの効果・効能とは>

グルコサミンは動物や魚などのムコ多糖類に含まれている成分で、
カニやえびなどの甲殻類に多く含まれています。

体内でも軟骨細胞から作られるのですが、
グルコサミンの主な働きは、グルコミノグリカンという、軟骨を作るための成分の生成を促すことです。

変形関節症の原因を治療するための強力な味方となりえます。

グルコサミンは、新しい軟骨の生成を促進する働きが期待できます。

変形関節症の促進を食い止めたり、時には治療することも出来るようです。

変形関節症の方にグルコサミンを摂取していただいた結果、
2週間ほどで、80%以上の人の症状が改善したという報告も
あるようです。

また、ある実験によると、
1日にグルコサミン1500mgを摂取していただいた入院患者
の方が、通常の治療薬を投与された方に比べて、
著しい改善がみられ、
治療薬に比べ、約2倍の効果がみられ、
グルコサミンを3週間摂取した人の効果は
痛みと症状が改善したという報告があるようです。

間接痛には、コンドロイチンとグルコサミンを
一緒に摂取した方が効果が期待できるようですよ。


posted by biyoukondo at 18:32| Comment(0) | コンドロイチンとグルコサミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。